集中を高める計画の立て方

集中を高める計画の立て方 ビジネスバージョン

集中するためには計画が大切(ビジネスマン向け)

定型業務と非定型業務
ビジネスの場には、同じ内容を繰り返す定型業務と、一時的に行う非定型業務があります。

 

定型業務には、毎日の営業活動の中で発注・仕分け・発送・会計などを繰り返す業務があり、会社にあうように効率化が進められてきているはず。

 

しかし、非定型業務は、一時的な仕事であるため、効率的な仕事の方法はなかなか整理できないのが実情です。

 

また、何度も行われているような非定型業務でも、自己流で行われているなど効率的に行われているとはいえません。

 

それは、業務の進め方や計画の立て方が理解されていないからです。

 

 

どのような計画を立てる?
非定型の業務を効率的に進めるために必要なのが、計画です。

 

計画の立て方を理解すれば、スムーズに仕事を運べるようになったり、仕事のやり方の改善方法が見つかったりします。

 

計画を立てるポイントは、目的や目標をハッキリさせ、それをいつまでに実施するのか、どのような業務をそこで行うのか、どのように行うのか、関係する人や利用するモノはあるか、を考えます。

 

計画が立てられることで、組織としての目標設定が明確になることが一番重要です。

 

できれば、これまでの方法を単に真似するだけではなく、改善方法なども考えていけると更に成果も倍増です。

 

ここまで考えてきたことをスケジュールに落とします。

 

 

ビジネス上の計画方法
計画は4つの段階と、それをいくつかのステップに分けて計画を考えます。

 

 

集中を高める計画の立て方 ビジネスバージョン 
この4つの段階ごとに、計画を詳細化するためのステップを行って進めていきます。

 

 

集中を高める計画の立て方 ビジネスバージョン 
ビジネスにおいて、計画を立てることで、やるべき目標が具体化してきます。

 

あとは、集中してこの計画のPDCAを回していきます。

 

しかし、ビジネスにおいても計画が予定通り進まないこともありますから、しっかりと進行状況を確認しつつ、必要に応じ計画を見直して、目標を見失わないようにすることが大切です。