集中力を高める方法

集中力を高める方法

その他、集中力を高める方法

集中力を高める方法はいろいろあります。

 

ここでは冒頭でお伝えした、3つの方法の他に

 

 

 

 

その他集中力を高める方法をご紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リラックスする

人間は、集中したいと思えば思うほど、身体が緊張して集中力が落ちます。

 

集中力を高める方法

 

これを「努力逆転の法則」といいます。

 

勉強するときにも同じことが言え、リラックスすることによって勉強の効率を上げることができるようになります。

 

リラックスするためには軽く体を動かす、なども効果的です。

 

痛くない範囲で股関節を動かしたり、前屈、開脚前屈などを行って、関節や筋を伸ばすようにしてみると体が弛んでいくような感覚が気持ちよく、リラックスできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常に体を動かす

勉強をしていると、身体が同じ姿勢をとりつづけていることが多いです。

 

じっとしている状態が続くと、血液の循環が悪くなり、肥満やストレスにつながることもあります。

 

通常、貧乏ゆすりは嫌われることが多いですが、集中している人が貧乏ゆすりをすることは本能的にやってしまう動作です。

 

この貧乏ゆすりが血液の循環を良くする意味で、最近見直されてきています。

 

血液の循環が良くなれば、脳へ送られる血液も多くなり、更には脳の働きも良くなり、集中につながります。

 

但し、一人で勉強しているときにはいいですが、他人が周りにいる状態では、嫌われますから、注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正しい姿勢をとる

現代の日本人は、楽な姿勢をとりがちです。

 

立つ・歩く・座るという基本的な動作を取るときにも、なるべく楽な姿勢をとろうとします。

 

特に机に向かっている姿勢は前傾姿勢になっており、楽な姿勢をとろうとすると、かえって腰や肩に余計な力がかかります。

 

また、胸を閉じた姿勢だと呼吸も浅くなり、酸素が十分に身体に送られず、疲れやすい状態になります。

 

なので、首や背筋を少し上に伸ばすようにすると、脳に血液が送られて頭がスッキリします。

 

集中力を高める方法

 

もちろん、姿勢が良くなって血液が循環すると疲れもたまりにくくなるのです。

 

椅子に座るときの正しい姿勢は、浅目に腰かけ、膝が開かないように揃えて背筋を伸ばします。

 

正しい姿勢を取ると自然と腿やお尻の筋肉も鍛えられ、自然な動きを生み出すことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔を浮かべる

人間の脳は、様々な精神活動の状態によって脳波を出します。

 

心身ともにリラックスした状態や集中した状態なら、α波という脳波が出ます。

 

つまり、このα波が出ていれば、勉強やスポーツなどで集中力を持続させることができたり、ストレスを軽くすることもできます。

 

人はα波を意識的に発生させることができます。

 

具体的には音楽を聴いたり、アロマを焚いたりするのですが、もっと簡単にできるのが笑顔を作ることです。

 

顔は脳に近いので、顔の筋肉を動かすことによる刺激で、神経伝達物質が分泌され、集中力が高まり勉強効果も向上します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

散歩をする

勉強の合間に散歩をするのも効果的です。

 

歩くことで足裏が刺激され、体内の細胞が活性化するためです。

 

特に集中がブツッと切れる方は、ストレッチや深呼吸で集中力を取り戻すのは難しいため、散歩が有効です。

 

頭を空っぽにして、近所を10分くらいぐるっと一周してっくるくらいの長さで良いのです。

 

また、この散歩の間も何も考えていないときでも、無意識のうちに頭の中の考えを整理していたりして、ふとアイデアが浮かんでくるのもこういう時です。

 

外の空気を吸い、小鳥のさえずりや自然の音を聞いてリラックスしたら、あとは家に帰って再び集中する体勢を取ればいいだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手を動かす

手の指を動かすだけで、脳を活性化する効果があります。

 

特に「指回し体操」は各指30秒ずつ2分半の体操をすると、計算力が1割向上、読書速度が2割向上するという研究結果が報告されています。

 

費用も場所も道具もいらないため、気軽に取り組むことができ、大きな効果も得られます。

 

また、「指回し体操」は能力向上以外にも、自分の調子がいいかどうかを知るセルフチェックにも使えます。

 

調子がいい時には、よく回りますから、自分のコンディションが悪い時には、勉強をしてもはかどらないので、ゆっくり休んでコンディションを戻す方がいいかもしれませんね。

 

不安を取り除きたい時、気が付いた時などにも、指をブラブラするといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あごを動かす

ガムを噛むと、噛んでいない時より特殊な脳波の反応が活性化し、脳の活動が活発化することが科学的に証明されています。

 

集中力を高める方法

 

大リーガーなどがガムを噛みながらプレーをしていますが、それも集中力を高めることに理由があったということが証明されたということですね。

 

この理由は、あごと脳の筋肉が直結しているため、あごが動くことで脳の働きを活性化させるためです。

 

ガム以外でも、あごを動かす運動をしても同じように効果が得られますから、自分に合った運動を見つけるのもいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カルシウムを摂る

カルシウムには脳の神経を安定させ、結果として気分を落ち着かせる効果があります。

 

その理由は、カルシウムには脳神経の興奮を抑える作用があるからで、これが勉強への集中力につながります。

 

また、カルシウムが不足すると、反対の作用が起こり、イライラしたり、身体のだるさを感じるようになります。

 

集中力が高まれば成績アップにもつながります。

 

勉強に力を入れている時期には、普段よりカルシウムを多く含む食事を摂るようにしましょう。

 

カルシウムを多く含む食材には、チーズや牛乳などの乳製品、ワカメなどの海藻、小魚などです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘いモノをとる

脳が必要とする栄養は糖分です。

 

糖類には人が必要とするエネルギー源ですが、糖分が不足すると、集中力まで維持できなくなってしまいます。

 

お米では分解しなければならないグルコースが含まれ、分解に脳が使われるようになり、かえって眠気を感じてしまいます。

 

しかし、チョコレートなどのお菓子の甘いものは、糖類の中でも分解する必要がなく、直接エネルギーとして吸収できます。

 

そのため、脳が分解にエネルギーを使うことがなく、集中する行為にエネルギーが回せるようになります。

 

ですから、集中が必要な時には、甘いものを摂るのが集中するために即効性のある手段なのです。