集中できる環境

作業や勉強に集中できる環境とは

作業や勉強に集中できる環境とは

仕事や勉強をしたいのに、なぜか集中しきれない、そんなことはありませんか?

 

そのような時は、思い切っていつもの環境を変えてみましょう。

 

普段、会社や学校、自宅で仕事や勉強をしているならば、外に飛び出てカフェに行ってみたら、思ったより集中できて、はかどることがあります。

 

他の人たちが、入ったり出たり、周りを歩いたりしているのに、果たして集中なんてできるのか?と思うでしょうが、カフェなどの方が集中できる要素が実はあるのです。

 

それをこれからご紹介してみましょう。

 

 

 

美味しいコーヒー

カフェといえば、コーヒーを注文することが一番多いかもしれません。

 

500円も出せば、とても美味しいコーヒーが飲めますね。

 

カフェであれば、オフィスや自宅で飲むインスタントコーヒーよりも豊かな味や香りのコーヒーを楽しむことができます。

 

コーヒーのカフェインで頭がスッキリして集中でき、また、香りや味でリラックスもでき、ふとこれまで浮かばなかったようなアイデアや、解けなかった問題もサラリと解けたりと、思わぬ集中ができていたりするものです。

 

 

 

心地よいノイズ

オフィスや自宅だと、気がそれないように静かな環境なんですが、カフェだと、BGMがかかっていたり、他のお客さんの話声など、関係ない音、ノイズで溢れています。

 

ノイズという言葉を聞くと、迷惑なもの、のイメージがありますが、多少のノイズは、無音や静かな環境での小声などと比べると、環境としては心地よく感じるものなのです。

 

これは、科学的にも証明されており、70デシベルくらいのノイズは、人間にとって集中力が高まるという結果も出ているのです。

 

ですから、仕事や勉強に集中したい!という時にはカフェに飛び出して仕事や勉強をするほうが効果的なことがあるんです。

 

 

 

ネット環境がよくない

カフェではオフィスや自宅のように光回線を使うことはできません。

 

もちろんネット接続はできますが、モバイルルータを使った接続や、スマートフォンでのテザリングでの接続では、光回線に比べてスピードははるかに劣ります。

 

これでは、仕事や勉強をするときに作業がはかどらないような気がしますが、実際にはスピードが遅いからこそ、動画サイトやSNSなどを使わず、必要なサイトに絞って利用するようになり、他からの誘惑を減らすことができます。

 

高速だとついつい、メールやSNSなど、他のコミュニケーションツールを使ってしまいがちですが、最低限のものに絞ろうとする努力を知らず知らずのうちに自分で行っているんですね。

 

ネット環境が良くないことが、かえっていい方向に転ぶんですね。

 

 

 

うるさい人がいない

カフェで一人でいれば、そこには上司、親、友達など、自分の作業の邪魔をして止めてしまうような人はいません。

 

邪魔が入らない、というだけでも気持ちの切り替えができ、のびのびと作業に集中することができます。

 

集中し続けても、邪魔が入らないため、効率が格段にアップしますね。

 

 

 

 

 

時間制限で集中

カフェでの時間は、時間は無制限のようですが、自分の意識としてコーヒー一杯で3時間も4時間も粘るのは店に迷惑だ、と感じています。

 

そのため、1〜2時間で終わらせようという意識が芽生えてきます。

 

それに、自分ひとりですから、パソコンや資料、教科書や参考書を開きっぱなしにしてトイレに行くのもはばかられるため、かえって作業により集中せざるを得なくなり、集中力が増すのです。

 

勤務中や学校にいる時間はムリですが、出勤前や時間が空いた時など、カフェに立ち寄って作業や勉強をしてみるのはどうでしょうか。

 

もちろん、人にもよりますが、一人だけでオフィスにいる環境が思わぬ集中力を呼び覚ますことができるかもしれません。